釣り客の安全確保を

航行できなくなった船(左)をえい航する訓練
航行できなくなった船(左)をえい航する訓練
八戸遊漁船瀬渡船海難防止協議会(石戸宏明会長)は7日、同市鮫漁港で海難防止訓練を行い、有事の際の対応を確認した。 釣り客の安全確保を目的に、6年ぶりに実施した。同会会員や海上保安部職員、八戸東消防署員ら約20人と漁船3隻が参加。津波の影響で.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録