【新型コロナ】病床確保へ一般病床の活用視野/八戸市が方針

八戸市は3日、新型コロナウイルスに対応する病床数について、感染症指定医療機関以外の市内の病院に協力を要請しているほか、感染者が増加した場合は市立市民病院の一般病床も活用していく方針を明らかにした。 小林眞市長は同日、市庁で行われた会見で、病.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録