Free八戸でひき逃げ、男性死亡 道交法違反容疑で男逮捕

ひき逃げ現場を調べる捜査員=28日午前7時半ごろ、八戸市河原木前谷地
ひき逃げ現場を調べる捜査員=28日午前7時半ごろ、八戸市河原木前谷地

28日午前1時ごろ、八戸市河原木前谷地の市道で男性が倒れていると、通行人から110番通報があった。倒れていたのは同市尻内町大仏の団体職員の男性(28)で市内の病院に運ばれたが間もなく死亡。八戸署は現場の状況などから、ひき逃げ事件として捜査し、同日午後、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)と道交法違反(救護義務)の疑いで、同市尻内町下平添、土木作業員の男(43)を逮捕した。容疑者は「何かにぶつかった気はする」などと供述しているが、ひき逃げの容疑は否認している。
 逮捕容疑は同時刻ごろ、市内の市道で、乗用車を運転中に被害者をはね、救護せずに逃走した疑い。
 同署によると、現場は中央分離帯のある片側2車線の直線道路で、容疑者は下長方面から長苗代方向へ走行していた。
 関係者によると、被害者は青い森信用金庫の行員で、アイスホッケー部の主将を務めていた。
 同署は現場付近の同市河原木神才の八食センター西口交差点から、同市河原木高舘根前の河原木交差点までの約1・2キロを約10時間通行止めし、捜査を実施。事件当時の状況を詳しく調べている。