東通原発の断層詳細データ提示求める/規制委

原子力規制委員会は27日、東北電力東通原発(東通村)の審査会合を開いた。敷地の一部を延びる「一切山東方断層」(F―1断層)を巡り、東北電が追加地質調査を基に改めて活動性を否定した一方、規制委側は詳細なデータの提示を求めた。 東北電は、審査の.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら