ウラン濃縮工場の設工認、認可

日本原燃は27日、生産停止中のウラン濃縮工場(六ケ所村)について、昨年9月に提出した工事の設計や方法の認可(設工認)申請が原子力規制委員会から認可されたと発表した。毒性の強い六フッ化ウランの漏えい防止などが目的で、認可は26日付。 工事内容.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら