官製談合で有罪確定の県職員が失職

青森県は26日、官製談合防止法違反などの罪に問われ、懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を受けた県職員の総括主幹(60)が、地方公務員法に基づき20日付で失職したと発表した。最高裁が総括主幹の上告を棄却し、一、二審判決が確定したため。退職金は出.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら