Free彼岸の入り 墓前で心静かに/八戸

墓前で手を合わせるきょうだい=17日、八戸市東霊園
墓前で手を合わせるきょうだい=17日、八戸市東霊園

彼岸の入りの17日、八戸市内の墓地や霊園には家族連れらが訪れ、墓まわりの掃除をしたり、花を供えたりして墓前で静かに手を合わせた。
 湿った雪が降り、荒れ模様だった前日と打って変わり、この日の八戸は朝から青空が広がった。同市湊高台8丁目の東霊園では、花や彼岸だんごなどの供え物を手に持った家族連れが絶え間なく訪れ、墓石に積もった雪を取り払って水をあげたり、食べ物などを供えたりして供養していた。
 祖母と母親と一緒に、祖父が眠る墓を訪れた加藤桜姫さん(8)と優清君(7)きょうだいは「天国から見守っていてほしい」と願いつつ、目をつむって静かに手を合わせていた。