三鉄 特需消え、前途多難

関係者らに出迎えられ、笑顔で久慈駅に降りる乗客=14日午前9時半ごろ
関係者らに出迎えられ、笑顔で久慈駅に降りる乗客=14日午前9時半ごろ
昨年10月の台風19号被害から5カ月を経て、三陸鉄道リアス線の久慈―普代間が14日、再開した。ただ、新型コロナウイルス感染拡大への警戒感で、再開後の列車の団体予約はキャンセルが相次ぎ、祝賀ムードに暗い影を落とす。東日本大震災、台風と度重なる.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら