時評(3月14日)

愛知県で実の娘に性的暴行を加えたとして、準強制性交罪に問われた父親の控訴審判決で、名古屋高裁は一審の無罪判決を破棄し、懲役10年の逆転有罪を言い渡した。 性暴力を巡っては、市民感覚では犯罪と見える事件でも裁判所の判断によって無罪とされる例も.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら