【新型コロナ】包装販売、バイキング休止… スーパーなど提供方法見直し

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、スーパーは商品をパッケージ販売に切り替え、ホテルなどはビュッフェ形式の食事の提供を休止した(写真はコラージュ。上はバイキングの中止とメニュー変更を知らせる八戸グランドホテルのレストラン、下はパンを個別包装で販売するユニバース南類家店)
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、スーパーは商品をパッケージ販売に切り替え、ホテルなどはビュッフェ形式の食事の提供を休止した(写真はコラージュ。上はバイキングの中止とメニュー変更を知らせる八戸グランドホテルのレストラン、下はパンを個別包装で販売するユニバース南類家店)
新型コロナウイルスの感染防止対策として、北奥羽地方のスーパーなどで商品の提供方法を見直す動きが広がっている。ばら売り・裸売りだった総菜やパン類は、個別に包装するパッケージ販売に変更。一部の商品で使用しているトングの洗浄などを徹底している。一.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら