【模擬弾落下】米軍、現場での地質調査開始

ボーリングマシンで地質調査を行う関係者=12日午前10時ごろ、六ケ所村内
ボーリングマシンで地質調査を行う関係者=12日午前10時ごろ、六ケ所村内
米軍三沢基地所属のF16戦闘機が昨年11月、六ケ所村の民有地に模擬弾を落下させた問題で、米軍は11日から、現場での地質調査を始めた。ただ、村や東北防衛局に調査が知らされたのは同日の作業終了間際。関係者は「まさか事前連絡がないまま始まっていた.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら