【震災から9年】海岸防災林 植樹ほぼ完了 八戸-三沢32キロ

海岸防災林として植えられたクロマツ(手前)。長期的な生育管理が今後の課題だ=3月、おいらせ町
海岸防災林として植えられたクロマツ(手前)。長期的な生育管理が今後の課題だ=3月、おいらせ町
東日本大震災の津波による被害軽減に大きな役割を果たすとともに、塩害などで深刻なダメージを受けた海岸防災林。八戸市市川町から三沢市砂森まで約32キロに及ぶ海岸防災林の再生に向け、県が取り組むクロマツの苗木約76万本の植樹作業が、当初予定から1.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら