時評(3月10日)

多くの人が水素爆発の恐怖に震え、「二度と事故を繰り返してはいけない」と誓った。世界を震撼(しんかん)させた東京電力福島第1原発事故から9年。事故現場では今日も廃炉に向けた困難な作業が続く。それでもなくならない現場の惨状は、深刻で、過酷で、残.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら