模擬弾落下地点付近の地質調査実施へ 米軍三沢、早ければ来週にも

米軍三沢基地所属のF16戦闘機が昨年11月、六ケ所村の民有地に模擬弾を落下させた問題で、米軍が早ければ来週にも現場で地質調査を行う方針であることが6日、東北防衛局への取材で分かった。昨年末から中断している現場での模擬弾回収作業が約2カ月半ぶ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら