時評(3月6日)

米大統領選の民主党候補指名争いは、14州の予備選などが集中するスーパーチューズデーで、中道派のバイデン前副大統領が南部など10州で勝利し、一時の劣勢からの「復活」を印象付けた。 首位を走ってきた左派のサンダース上院議員の快走に歯止めがかかり.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら