Free色とりどりの手作りマスクが好評 二戸の古着・雑貨店「SQUARE」

手作りマスクを出品する長坂愛さん(右)と泉山奈都美さん
手作りマスクを出品する長坂愛さん(右)と泉山奈都美さん

二戸市の古着やハンドメード雑貨を販売する「SQUARE(スクエア)」で、色とりどりの手作りマスクが販売されている。同店では以前から手作りマスクを販売していたが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、市内外の作り手が例年より多く出品。洗濯して繰り返し使えることもあり、子どもから大人まで幅広い年代の人が買い求めている。
 同店は、市内外の作家による雑貨や小物を委託販売している。
 九戸村の長坂愛さん(38)は毎年50~60枚ほどマスクを作り、同店やイベントなどで販売していた。今年は多くの注文が入って例年の2倍ほどを製作しているといい、「作業が夜中までかかるときもあるが、マスクを購入できずに困っている人に満遍なく行き渡ってくれれば」と語った。
 同市の泉山奈都美さん(36)は、子ども用を中心にさらしを使って製作。表面には花柄などのカラフルな生地を縫い付けている。「マスクを着用するのを嫌がる子どもでも、かわいい物だと着けてくれるかもしれない」と笑顔を見せた。
 同店では今年、計6人がマスクを出品しているという。舘向聡子店長は「繰り返し使えて、肌にも優しい点が手作りマスクの良いところ。困っているお客さんの助けになれればうれしい」と話している。
 手作りマスクは1枚500円前後で販売している。
 住所は二戸市福岡八幡下34の2。定休日は土、日、祝日(毎月第一土曜は営業)。時間は午前9時~午後6時。今月7日は第一土曜のため営業する。問い合わせは同店=電話0195(43)3424=へ。