「歴史的な価値高い」、十和田古道観光資源化へ

現地調査の結果を報告する斉藤利男さん(右)
現地調査の結果を報告する斉藤利男さん(右)
山岳霊場として栄えた十和田湖に続く十和田古道を、観光資源化しようと取り組んでいるグループが2月28日、十和田市民交流プラザ「トワーレ」で現地調査の報告会を開いた。会場には約100人の市民らが集まり、月日山道の役割や歴史的価値などについて解説.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら