天鐘(3月4日)

春になって道が乾けば始まる部活のランニング。1日の東京マラソンで、大迫傑(すぐる)選手が脇腹を押さえながら激走、自身の日本記録を更新した。テレビで闘志溢れる走りに見入っていたら、あの耐え難いお腹の疼(うず)きを思い出した▼37キロ付近でしき.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら