【貨物船沈没】周辺の船、闇夜の現場へ 必死の救助「何とか助けたい」

毛布を被った状態で救助された漁船からストレッチャーに移される男性(右)=1日午前2時25分ごろ、八戸市第3魚市場付近
毛布を被った状態で救助された漁船からストレッチャーに移される男性(右)=1日午前2時25分ごろ、八戸市第3魚市場付近
うねる暗闇を照らすサーチライト。助けを求める貨物船の乗組員―。29日深夜に六ケ所沖で発生し、13人が行方不明となった貨物船と漁船の衝突事故。貨物船の外国人の救出に当たった八戸機船漁協所属の2隻の乗組員が、救出時の様子を語った。波しぶきに負け.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら