時評(3月1日)

国指定重要無形民俗文化財で、北奥羽地方に春を呼ぶ伝統行事の「八戸えんぶり」が、今年も4日間にわたり行われた。期間中の入り込み数は25万人で、昨年より5万6千人少なかったものの、太夫の勇壮な摺すりや子どもたちの愛らしい祝福芸が市民と国内外から.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録