Free【新型肺炎】青森県南の病院で面会制限

青森県南地方の主要病院では、新型コロナウイルスの感染予防対策として、入院患者への面会を制限する対応を取っている。
 八戸市立市民病院は3月1日から主治医の許可があった場合を除き、原則面会は禁止。八戸赤十字病院でも、28日から緊急の場合以外の面会は中止している。
 むつ総合病院も面会を制限し、入院病棟から許可を受けた「在院家族証明書」がある人のみ病棟への立ち入りを認めている。
 十和田市立中央病院は28日現在、面会中止の対応はとってないが、来週から制限をする方向で準備を進めている。
 青森労災病院は面会の制限はしていないが、面会受付の際は体調確認を行っている。三沢市立三沢病院は27日から面会を1階ホールのみに制限。両病院とも面会者にはマスクの着用や手指消毒を求めている。

お気に入り登録