多賀台小児童が紙すき体験 三菱製紙グループが出前授業

パルプや古紙を使った紙すき体験に挑戦する児童
パルプや古紙を使った紙すき体験に挑戦する児童
八戸市立多賀台小(亀谷孝子校長)で21日、人と森林の関わりを題材とした出前授業が開かれた。参加した5年生27人は、三菱製紙八戸工場の社員らによる講演や紙すき体験を通して、身近な素材である紙について深く学ぶとともに、樹木の利用と保護に関心を高.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら