【超高齢社会の先へ】第2部 介護現場のリアル(2)

介護士として働いていた当時を振り返る田島大介さん(仮名)。「介護の仕事は好きだったけど、利用者のためにならない介護の現実に幻滅した」=1月、青森県内 
介護士として働いていた当時を振り返る田島大介さん(仮名)。「介護の仕事は好きだったけど、利用者のためにならない介護の現実に幻滅した」=1月、青森県内 
介護需要がますます高まる2025年が迫る中、青森県内では現状ですら介護職員が不足している。要因に挙げられるのは県外への人材流出と、若い人材の離職率の高さだ。介護の道を志したにも関わらず、なぜ離職してしまうのか。介護施設で約3年間働き、悩んだ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録