時評(2月24日)

八戸市が2020年度一般会計当初予算案を発表した。地盤沈下が進む中心街への集中投資の締めくくりとして、新美術館の建設が本格化。にぎわいの再生を目的に多額の税金を投入してきただけに、結果を出す戦略が求められる。 小林眞市長が就任してからの14.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録