天鐘(2月23日)

作家でエッセイストの石田千さんの書く随想を、「乾いてひび割れた大地に染み込んでいく水のよう」と評した人がいた。誰の言葉だったか残念ながら思い出せないが、石田さんの文章を見事に捉えた表現だった▼数年前、八戸市を訪れた石田さんに話を聞く機会があ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら