天間林小が縄文クッキー販売

クッキーを販売する児童
クッキーを販売する児童
七戸町立天間林小(川村拓己校長)は19日、町観光交流センターと道の駅「しちのへ」で、6年生が縄文をイメージしてデザインしたクッキーの販売や、リーフレットの配布に挑戦した。 同校では、6年生が授業を通じて同町の二ツ森貝塚について学習。その一環.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録