新年度から合同庁舎の電力調達に競争入札導入、青森県

青森県は21日、県内に五つある県合同庁舎の電力調達について、2020年度から競争入札方式を導入する方針を示した。現在は各合同庁舎ごとに東北電力と随意契約を結んでいるが、電力調達事務を一本化した上で競争入札を行うことで、業務の効率化と料金削減.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら