青森県立学校に「統合型校務支援システム」を段階導入 教職員の働き方改革促進狙い

青森県教委は2020年度から、生徒の情報をデータベース化できる「統合型校務支援システム」を県立学校の校務に段階的に導入する。これまで別々に作成していた成績や出席などの情報をまとめて管理できる仕組みで、通知表や出欠管理の手間や作成時間を削減す.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら