南部町側「入札は適法に実施」と争う姿勢 新町役場建設を巡る民事訴訟第一回口頭弁論

南部町の町役場新庁舎建設を巡り、工事の仮契約を無効とされた上に、再入札で指名を外されたとして、同町の建設業「夏堀組」(夏堀大司社長)が町を相手取り、約2800万円の損害賠償を求めた民事訴訟の第1回口頭弁論が19日、青森地裁八戸支部(岩崎慎裁.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録