「縄文遺跡群」の保全状況、4道県関係者が情報共有

縄文遺跡群の保全管理について情報共有した連絡会議=17日、青森市
縄文遺跡群の保全管理について情報共有した連絡会議=17日、青森市
2021年の世界文化遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」について、保全状況などを話し合う連絡会議(議長・岡田康博青森県世界文化遺産登録推進室長)の初会合が17日、青森市で開かれた。4道県の関係者約80人が講演を踏まえ、保全管理につ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録