空の水タンク内でヒーター過熱発火 大間原発の消防車火災

大間原発敷地内で3日発生した化学消防車火災で、電源開発(Jパワー)は17日、実況見分などから、380度以上に温度が上昇した凍結防止用ヒーターの電熱線が、車両左後部にある水タンクと接触し出火した―とする推定原因を発表した。 ヒーターは水タンク.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録