【八戸・兄殺害】被告に懲役12年/青森地裁

2019年2月、八戸市湊町で男性が包丁で刺されて死亡した事件で、男性の弟で殺人罪に問われた同市の無職の被告(50)の裁判員裁判判決公判が17日、青森地裁であり、古玉正紀裁判長は懲役12年(求刑同14年)の実刑判決を言い渡した。 判決で古玉裁.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録