東北電力が雪中訓練を公開

ゾンデと呼ばれる棒を使って遭難者を捜索する訓練
ゾンデと呼ばれる棒を使って遭難者を捜索する訓練
東北電力送配電カンパニー青森支社(湯澤伸也支社長)は13日、40年前に青森市内の八甲田山系で発生した死亡事故を契機とする、雪中訓練を同市内で報道陣に公開した。この日は、作業員が雪崩に巻き込まれたと想定した救助訓練や雪上車の運行訓練を実施した.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら