25年度末で活動休止検討 青森県遺族連合会、高齢化理由に

青森県遺族連合会(齋藤文昭理事長)が、終戦から80年を迎える2025年度を最後に、活動休止を検討していることが13日に分かった。高齢化に伴う会員の減少で会費収入が減り、活動資金が不足していることが要因。同会は今後の方向性について21日の理事.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録