IoT電球で高齢者見守り むつ市とNTTグループが実証事業

「IoT電球」を活用した一人暮らし高齢者見守りサービスの実証事業に関する連携協定を締結した(左から)高屋洋一郎取締役、宮下宗一郎市長、楠木健社長=12日、むつ市役所
「IoT電球」を活用した一人暮らし高齢者見守りサービスの実証事業に関する連携協定を締結した(左から)高屋洋一郎取締役、宮下宗一郎市長、楠木健社長=12日、むつ市役所
通信機能を内蔵した「IoT(モノのインターネット)電球」を使った一人暮らしの高齢者見守りサービスの実証事業が、今月中にもむつ市で開始されることになった。高齢者宅のトイレに設置する電球の点消灯の記録送信で安否確認する仕組みで、市とNTTのグル.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら