新型肺炎、クルーズ船の対応確認/青森港保安委員会

青森港保安委員会であいさつする三浦操委員長(中央)=12日、青森市
青森港保安委員会であいさつする三浦操委員長(中央)=12日、青森市
新型コロナウイルスによる感染症拡大を受け、青森港保安委員会(委員長・三浦操青森港管理所所長)は12日、青森市で会議を開き、寄港したクルーズ船から感染者が出た場合の対応などを確認した。 会議は冒頭以外は非公開で、15団体から21人が出席。三浦.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録