天鐘(2月12日)

1950年代、八戸市北部の河原木地区。えんぶりの時期になると、家に近隣の農家の人々が集まってきて泊まった。遅くまで飲みながらその年のやませを予測したり、肥料のやり方を盛んに話し合ったりしたという▼各集落のえんぶり組が、家々を回る「門付け」を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録