Free釜臥山スキー場オープン 待望の初滑り楽しむ/むつ

待望の営業開始となった釜臥山スキー場
待望の営業開始となった釜臥山スキー場

積雪不足で滑走できない状態が続いていたむつ市の釜臥山(かまふせやま)スキー場が8日、今季の営業を開始した。オープンを待ちわびていた多くのスキーヤーやスノーボーダーが訪れ、初滑りを楽しんだ。
 同日現在の積雪は40センチ。第2リフトのみの稼働で、中腹から約750メートルを滑り降りてくることができる。山頂と中腹を結ぶ第1リフトは、今後の積雪量を見て稼働する。
 同日はリフトが無料開放された。スキーヤーやスノーボーダーは眼下に広がる芦崎湾の景色を楽しみながら、思い思いにシュプールを描いた。
 むつ市内から父親と2人で訪れた東谷匠人君(12)は「初滑りを楽しみにしていた。雪質はふかふかで、滑っていて気持ちが良かった」と満足していた。
 リフトの無料開放は11日まで。12日から通常営業となる。高校生以上の料金は1回券200円(60歳以上200円、中学生以下100円)、2時間券1100円(60歳以上900円、中学生以下600円)など。
 問い合わせは釜臥山スキー場=電話0175(24)1881=へ。