Free台風19号 北奥羽地方の交通機関、運休や欠航相次ぐ

台風19号の影響で、北奥羽地方の交通機関は12日、運休や欠航が相次いだ。13日も終日または日中に鉄道や空の便で運休、欠航が決まっており、ダイヤの乱れは続きそうだ。
 JR東日本青森支店によると、八戸線と大湊線は12日午後から運転を見合わせた。13日は八戸線が終日運休、大湊線は同日夕方まで運転を見合わせる。
 青い森鉄道、いわて銀河鉄道、三陸鉄道も12日は夕方までに全て運休。13日は青い森鉄道が午後3時から、いわて銀河鉄道が午後2時からそれぞれ運転を再開する見込み。三陸鉄道は終日運休する。
 空の便は12日、青森空港で34便、三沢空港で8便が欠航。13日は午前を中心に、青森空港は羽田線が7便、伊丹線が2便、名古屋小牧線が1便、三沢空港は羽田線が4便、伊丹線が1便がそれぞれ欠航する。
 シルバーフェリーは、12日発の八戸―苫小牧と八戸―室蘭の計5便が欠航。13日は4便が運航を中止する。
 岩手県北バスは一戸町と九戸村を走る路線バスを13日の始発から午前10時まで全便運休する。同日は久慈市の久慈海岸線と久慈大野線も終日運休。八戸と仙台を結ぶ高速バス「うみねこ号」も上下4便を運休する。
 三沢市の青森県立三沢航空科学館は、来館者と職員の安全確保のため、13日の臨時休館を決めた。