【県春季高校野球】主戦速応10奪三振の快投 三沢打線を完封/工大二

工大二は主戦の速応健聖主将が安定した投球で三沢打線を完封した。被安打5、四球1に抑え、10三振を奪う快投。3年連続の8強入りで今年も夏季大会のシード権を獲得し、「守備から試合をつくる(理想の)展開にできた」と胸を張った。 先発した1、2回戦.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録