実利重視、陣営対立に距離 G7主導権に陰り/サミット新興国対応

 国際社会の構図
 国際社会の構図
先進7カ国首脳会議(G7広島サミット)は「グローバルサウス」と呼ばれる新興・途上国との連携強化を打ち出した。国際秩序を揺さぶる中ロの抑止へ協力を得る狙い。だが実利重視の国も多く、民主主義と権威主義の陣営対立から距離を取る。G7が新興国の取り.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録