1号埋設施設で初の定置作業 充填固化体受け入れ/原燃

専用クレーンによる充填固化体入りドラム缶の定置作業=17日、六ケ所村
専用クレーンによる充填固化体入りドラム缶の定置作業=17日、六ケ所村
日本原燃は17日、六ケ所村の低レベル放射性廃棄物埋設施設の1号施設で、原発で発生した金属などを充填(じゅうてん)剤で固めた「充填固化体」が入ったドラム缶の定置作業を始めた。受け入れ可能な廃棄物の種類を広げ、これまで2号施設のみだった充填固化.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録