「有事」から「平時」へ転換 急な変化、青森県民に戸惑いも/新型コロナ5類移行

ポイントを絞った感染対策を―。はちのへファミリークリニックの小倉和也院長は備えの重要性を訴える=4月下旬、八戸市
ポイントを絞った感染対策を―。はちのへファミリークリニックの小倉和也院長は備えの重要性を訴える=4月下旬、八戸市
新型コロナウイルス感染症の感染症法上の位置づけが8日、季節性インフルエンザと同じ「5類」へ移行した。政府対策本部も廃止。政府が一律に感染対策を求めるのではなく、個人や事業者の判断に委ねられる。3年以上にわたった新型コロナ対策は、「有事」から.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録