三社大祭の感動再び発信 クヴェレンさんの記事、ドイツ地方紙39紙に掲載

八戸三社大祭などの写真を手にするヘニング・クヴェレンさん(右)と小町英恵さん(中央)夫婦。左は、はちのへ山車振興会の小笠原修会長=29日、八戸市
八戸三社大祭などの写真を手にするヘニング・クヴェレンさん(右)と小町英恵さん(中央)夫婦。左は、はちのへ山車振興会の小笠原修会長=29日、八戸市
あの感動を伝えたい―。昨年の八戸三社大祭に参加したドイツ・ハノーバー在住の記者ヘニング・クヴェレンさん(62)が、自身の体験を基に祭りの記事を執筆し、4月にドイツ国内の地方新聞39紙に掲載された。三社大祭の文化や八戸のまち、祭りに関わる人々.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録