再挑戦も最悪の結果 日本の宇宙開発戦略に影/H3ロケット失敗

 H3ロケット指令破壊までの経過(イメージ)
 H3ロケット指令破壊までの経過(イメージ)
2月の発射中断から2週間あまりでの再挑戦となった日本の新型主力機H3ロケット1号機は、機体の指令破壊という最悪の結果となった。引き金となったのは、最も懸念されていた主エンジンではなく、2段目エンジンのトラブル。原因究明には相当な時間がかかる.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録