「早期に見通し示したい」 東電社長、東通村を訪問

畑中稔朗村長(右)と懇談する小早川智明社長=25日、東通村役場
畑中稔朗村長(右)と懇談する小早川智明社長=25日、東通村役場
東京電力ホールディングス(HD)の小早川智明社長は25日、東日本大震災後、工事が中断している東通原発(東通村)について、「再開時期を提示できず申し訳なく思っている。できるだけ早期に見通しを示したい」と語った。 年始あいさつで訪れた村役場で、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録