人類滅亡へ「残り90秒」 終末時計10秒縮まる

 24日、米ワシントンで開かれた終末時計の発表会(米誌提供・共同)
 24日、米ワシントンで開かれた終末時計の発表会(米誌提供・共同)
【ワシントン共同】米誌「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ」は24日、核戦争や気候変動などの脅威を分析し、人類滅亡を午前0時に見立てた「終末時計」の残り時間を、1947年の創設以来最短の「90秒」と発表した。ロシアによるウク.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録