Free南部町が交通死ゼロ600日 町安協と母の会を表彰

感謝状を手にする夏堀文孝会長(中央)と表彰状を手にする工藤愛会長(左から2人目)
感謝状を手にする夏堀文孝会長(中央)と表彰状を手にする工藤愛会長(左から2人目)

南部町内での交通死亡事故皆無600日達成に貢献したとして、青森県警と県交通安全母の会連合会は23日、町交通安全対策協議会(夏堀文孝会長)、町交通安全母の会連合会(工藤愛会長)に感謝状などを贈呈した。

 同町では2021年5月29日に、福地地区の国道で自動車に追突された自転車の男性が死亡して以降、交通死亡事故が起きていない。

 表彰式が町役場で行われた。県警の小田桐勝行交通部長から感謝状を受け取った夏堀会長は「各種啓発活動を通じてゼロの日数を重ね、1200日を目指したい」と抱負。

 連名表彰を受けた工藤会長は「小学校統合で通学路の再整備が必要となる。細やかな対応で安全安心な通学路を確保したい」と意気込みを語った。

………………………………………

※地域のニュースはデーリー東北で。まずはアプリをダウンロードしてお試しください。無料コンテンツもたくさんあります。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録