伝統の手仕事丁寧に 三農恵拓高生、きみがら草履作り体験

組合員に教わりながらわら縄を編む生徒
組合員に教わりながらわら縄を編む生徒
青森県立三本木農業・三本木農業恵拓高(中村豊校長)で18日、きみがらミニ草履の制作講習会が行われた。植物科学科の生徒が地元に古くから伝わる手仕事を体験した。 同科では、地域の伝統を守ろうと、十和田きみがらスリッパ生産組合(宮本桂子組合長)と.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録