【評伝】「プロは一瞬に生きる」 気難し屋の求道者/門田博光さん死去

 2013年4月、南海のユニホーム姿でプロ野球の始球式を務める門田博光さん=京セラドーム
 2013年4月、南海のユニホーム姿でプロ野球の始球式を務める門田博光さん=京セラドーム
プロ野球歴代3位の通算567本塁打を放った門田博光さんが74歳で亡くなったことが24日に分かった。南海担当として1988年に、40歳で本塁打と打点のタイトルを獲得し“不惑の2冠王”となった門田さんを取材するチャンスに恵まれた。170センチの.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録